レーシック手術@丸わかりガイド

レーシック手術についてのポイントをご紹介!


今話題のレーシック手術の全貌を知ろう!

当サイトはレーシックの種類やそのプロセス、問題点、病院での手術に
かかる費用まで幅広く解説します!これからレーシック手術を受けられる
予定の方はぜひ当サイトの内容を参考にされてみてください!

レーシックの基礎知識を身につけよう!

レーシックとは、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射することで、
焦点が網膜で結合するように屈折率を調節し視力回復する手術のことです。
1995年に日本の厚生労働省にあたる機関の、FDA(米国食品医薬品局)が、
エキシマレーザー治療による矯正手術を認可してから、急速に発展する
ようになりました。

メガネやコンタクトレンズに代わる第三の近視矯正方法として、最近注目
が高まっています。このためプロ野球選手等、スポーツ選手を始め、
数多くの有名人もこの手術を受けています。ある程度の裸眼視力が必要な
警察官・電車の運転士等の職業の人も、多く手術を受けているようです。

手術にかかる時間は、両眼で15〜20分、レーザーの照射時間は、
その内およそ 数十秒程度と言われ、最先端の医療技術でもあるのです。
レーシックの効果は、個人差があるので一概には言えませんが、一般的には、
メガネやコンタクトレンズを装着した時と同じくらいまで視力が回復し
ている例が殆どのようです。

レーシックの先進国でもあるアメリカでは、近視の1割の人が「レーシック」
を受けているそうです。レーシックに対する関心が高まっている理由として、
「安全性が高い」「手術時間が短い」「日帰りで手術を受けられる」
「手術中、また術後の痛みは殆どない」「術後、視力回復が早い」「短期間
で視力が安定する」「弱度から強度まで、近視の矯正度数の幅が広い」など
があるようです。

当サイトは左側のメニューからレーシックに関する様々なテーマを解説して
います。是非各ページをご参考下さい☆

ここだけはチェック!レーシック手術のポイント!

通常、レーシックは、我が国では公的医療保険の 対象となりません。このため、術にかかる費用は 実費負担となります。診療としては、自由診療になる のですが、最近急速に普及しているので、レーシック を行う眼科医、病院、クリニックも急速に増えています。 このため、それぞれの医療機関ごとで、費用はかなり 差があるのが現状です。   「費用はどれくらい?」のページへ

相互リンクサイト1

昨今、円安が進んできてFXユーザーが再度増えつつあります。そしてmetatrader4を使った自動売買もどんどんユーザーを獲得しています。 では「どこで口座開設すればmetatrader4を使えるの?」と言えばmetatrader4比較のこのサイトがお勧めです。 日本人コールセンターのサービスのある国内のmetatrader4業者を比較しています。

相互リンクサイト2

皆さんは企業の中に診療所があってそこの看護師求人が人気なのは知っていますか? 企業内診療所の看護師求人が人気の理由はこちらです。 やはり病院勤務は夜勤とかが大変みたいですね。